Quest for quality life through traveling around the world.
旅する休職中サラリーマン。編集ひとりとぽっち
MeLike PLACE
2016.7.31

新築施設では絶対ない味わい 世代をつなぐオシャレコミニティスペース山口県周南市の『旧日下醫院』

編集ひとり

先日、宿泊した『萩ゲストハウスruco』のオーナー塩満さんに“山口県の周南市に面白い場所がありますよ”と、ご紹介いただいた『旧日下醫院(くさかいいん)』に行って参りました。
 
日下醫院は、昭和3年に建てられた病院で、その建物をリノベーションし、2007年にオープンしたのが『旧日下醫院』。
 
一見、外観感はレトロで重厚なイメージの建物ですが、
IMG_2995

一歩中に入ると…、
IMG_3000
 

人気のコーヒーショップ『COFFEEBOY』、
IMG_2920
IMG_2923
IMG_2938
IMG_2937
 

お花屋さんの『CHA CHA DO』、
IMG_2976
IMG_2977
IMG_2982
 

雑貨セレクトショップ『SOFA&PRODUCTS』、IMG_2972IMG_2970

IMG_2966

IMG_2967

 

アパレルセレクトショップ『hitosaji』、
IMG_2993
IMG_2983

IMG_2987

IMG_2988
 

アパレルセレクトショップ『actroom

IMG_2935

IMG_2955

 

IMG_2957

 

IMG_2958

など、5つのスタイリッシュで感度の高いお店が入っている複合施設として地元の方はもとより、県外の観光客からも愛される、人気の場所となっています。
 

戦災を免れ戦前の佇まいを残す貴重な建造物として国の登録有形文化財にも指定されています。
 

昭和40年代に閉院し、一時は2階を近所の大学の宿舎として私用していたこともあったそうですが、しばらくは、何にも使われていなかったそうなのです。
 

そんな中、歴史あるこの場所を、ほったらかしておくのはもったいないと、店舗デザインの事業を手掛けられているの『SOFA』の白井宏明さん(5つのお店の中のひとつであるセレクトショップ『SOFA&PRODUCTS』も運営)が中心となってリニューアルの取り組みがなされ、現在の形に生まれ変わり、地元のコミュニティスペースとして息吹を取り戻しました。
IMG_2968

 

「ここが病院だった頃に、ここで生まれたというおばあちゃんが、孫世代の若者と“昔、ここは診察室だったのよね~”なんて話しながらコーヒーを飲んでいたり、
 

高校時代に毎日、ここの前を通り過ぎてたけれど、こんな場所だと知らずに大人になって初めて入ったなんて20代の人がいたり、
 

独身時代から通っていた30代の女性たちが、最近、ママになって子連れで遊びに来るようになったり、
 
建物の中身は変われど、地域の人の集いの場として愛されてきた場所なんです。」
 
と白井さん。
IMG_2928

IMG_2931

IMG_2932もちろん私のような旅人にも寛大で、とってもくつろげ、地元の方との交流もできる素敵な場所でもあるのです。
 

ずっとこの町を見てきた『旧日下醫院』。
 

様々な世代の人の思い出がつまっていて、物語をつむいでいく場所。
 

こういう場所を大切に、次ぎの世代に継承していくことも、地域を元気にすることにつながるのかもしれない、
 

『旧日下醫院』内に溢れる心地良い空気を感じながら思ったのでした。

place date

旧日下醫院

旧日下醫院

営業時間 10:30から18:30
【定休日】火曜日・第三水曜日
住所 山口県周南市土井2丁目4−9
PROFILE
編集ひとり

旅する休職中サラリーマン

編集ひとり

オーバー40にして、自らのワクワクに導かれるまま、長年お世話になっている会社を休職。Webメディアを立ち上げ、これからの豊かな暮らしを探求するため世界中を巡る旅を慣行中。雑誌『BE-PAL』(小学館)のWeb版『BE-PAL.net』(http://www.bepal.net/)にて記事を不定期掲載中。

ぽっち

旅するアシスタント

ぽっち

MeLikeの日本取材旅の最中に編集ひとりのリュックの中に紛れ込む。世界編からアシスタントとして大活躍する予定。一日の大半は寝ていて、鳥のささ身が大好物。