Quest for quality life through traveling around the world.
旅する休職中サラリーマン。編集ひとりとぽっち
LOCALUNCH
2016.6.11

宮崎産のオーガニック食材をふんだんに使い,美味しい!自然派タイ料理店マンチーズ

編集ひとり

日本全国、お食事は、もちろん地元のローカルフードが美味しい。
 

宮崎で言えば、チキン南蛮や地鶏。
 

もう他所では絶対味わえない、別の食べ物みたいに美味しいですよね。
 

でも、ずっと滞在していると、たまに地元の食べ物とは全く関係ないものが食べたくなります。
 

特に、カレーやタイ料理。
 

東京だとめっちゃ多いカレー屋さんやタイ料理屋さんが地方では以外に少なかったり。
 

しかも(例えばカレー屋さんだったら前回、紹介させていただいたフジヤマプリンさんみたいな)美味しいお店は稀だったり。
 

たまにはパクチーが山ほど食べた~い!なんて衝動に駆られることも(笑)。
 

でも、そんな望みを叶えてくれるタイ料理店が宮崎にありました!
 

マンチーズ。
manchizu mise
IMG_0310

IMG_0307

なんと毎週木曜日はパクチーDay。
IMG_0291
リクエストすれば山盛りのパクチーが付いてくる!
 

パクチー好きにはたまりません。
 

ランチタイムは、ほぼ女性客で一杯。
 

ランチタイム終了ぎりぎりにお伺いして、ようやく入れました。
 
 

マンチーズのオーナーであり店長の高尾さんは、鎌倉のご出身。
IMG_0320
2012年に奥様のご実家である宮崎に移住されて来ました。
 

当初はタイ古式マッサージのお仕事をされていたそうですが、2013年にSpaceGatheringというイベントに出店していたTawan(旧ツキイチタイフーズ)というタイ料理屋さんに出会い、タイ料理職人を目指すことに。
 

2015年12月末にお店をオープンされ、その美味しさと、宮崎の新鮮なお野菜をふんだんに使った素材へのこだわりが、ご近所勤務のOLさんを中心に評判になり、宮崎を代表するタイ料理屋さんとして注目が集まっているとのこと。
 

安心して食べられる、できるかぎり宮崎産のオーガニックな食材にこだわっている高尾さん。
 

卵やお肉は餌に抗生物質など混ぜずに育てられたもの、産地、生産者が明らかであるものを使い、野菜も無農薬、無化学肥料のオーガニック、また自家栽培したものを出来る限り使用しているとのこと。
 

そして、スープ、ペースト、ドレッシングなどは全て手作り。市販の物は使用しておらおず、化学調味料も不使用!
 

100%ジュースは砂糖、添加物不使用の自然はジュース。
 

店内の食器洗剤、清掃洗剤は天然由来のものを使用し。化学洗剤は使用せず、食の安全を目指す徹底ぶり。
 

食べる前にそんな情報を聞いちゃうと、なおさら美味しく感じてしまいます。
 
 
 

本日いただいたのは、
 

『豚ナンコツのタイ風トマト煮with麺』¥850。
 

ご飯も選べるのですが、麺をセレクト。
 

麺も米麺と素麺の2種類から選べるのですが、さっぱりと素麺でいただきました。
IMG_0302
朝採れの宮崎野菜のサラダも自家製のドレッシングでいただきたいなと、ランチセット(+¥350)で。
IMG_0297

IMG_0298

そしてパクチーデーの木曜日なので、山盛りパクチーをいただき。
IMG_0304
ホロホロに煮込まれた宮崎産のトマトがフレッシュで美味しい!
 

宮崎産の手羽先をグリルしたランチスペシャルプライスの『ガイヤーン』(¥150)もいただき。
 

IMG_0295

食後の〆にスタッフ女子お手製の『青島産いちごと有機ラズベリーのローケーキ』(¥350)をいただき。
cake
念願のパクチーも思う存分美味しくいただき、
 

と~っても贅沢なランチとなりました。
 
 
 

後日、高尾さんが店舗を持つ前に出店をしていたという青島サンデーマーケットに訪れました。
 
IMG_8016
IMG_7993
IMG_7994
そうです!青島サンデーマーケットと言えば、Southern Factoryの小園さんご夫妻や、S&Y WORK SHOPの庄司さんも出店されている、最高に心地良い野外マーケットです!
 

やっぱり素敵な面々が集まるイベントなんだなと改めて実感。
 

マンチーズのバイトのナオさんが副部長を務める宮崎公立大学のフラダンス部が出演するということもあり
 
駆けつけたのですが…、
 
寝坊と渋滞で、
 
パフォーマンスには間に合わず!(笑)
 

記念写真だけ撮影させていただきました(笑)。
IMG_7918

IMG_7922

IMG_7939
 
 
 
 

都会だったら貴重で高価な食材を、ふんだんに贅沢に&気負わずカジュアルなスタイルでサーブしてくれる名タイ料理屋さんマンチーズ。
 

食の安全に真摯に取り組みながら、ピカイチに美味しくて、楽しい雰囲気いっぱいなお店なのは、一重に高尾さんの素敵なお人柄によるものなのでしょう。
 

本質と楽しさが両立する宮崎スタイルをここにも感じてしまいました!
 

あなたも一度行ったら、また行きたくなってしまうはず。

Shop Date

自然派タイレストランMANCHIES

自然派タイレストランMANCHIES

営業時間 ランチ
11:30~14:00
ディナー
18:00~22:00( L.O21:30)
日曜はディナーのみ
【定休日】月曜日
住所 宮崎県宮崎市和知川原3丁目1番地
電話 0985-71-1864
PROFILE
編集ひとり

旅する休職中サラリーマン

編集ひとり

オーバー40にして、自らのワクワクに導かれるまま、長年お世話になっている会社を休職。Webメディアを立ち上げ、これからの豊かな暮らしを探求するため世界中を巡る旅を慣行中。雑誌『BE-PAL』(小学館)のWeb版『BE-PAL.net』(http://www.bepal.net/)にて記事を不定期掲載中。

ぽっち

旅するアシスタント

ぽっち

MeLikeの日本取材旅の最中に編集ひとりのリュックの中に紛れ込む。世界編からアシスタントとして大活躍する予定。一日の大半は寝ていて、鳥のささ身が大好物。