Quest for quality life through traveling around the world.
旅する休職中サラリーマン。編集ひとりとぽっち
Offstage
2016.6.10

日々の生活からにじみ出る豊かさ セレクトショップS&Y WORK SHOP安田庄司さんにお話を伺いました

編集ひとり

天然素材を中心とした衣料とビーチカルチャー系のアウトドア商品を扱うエコロジーストアS&Y WORK SHOPの安田庄司さんにお話を伺って参りました。
IMG_7881

お店の場所は郡司分甲という宮崎市内と青島ビーチの間ぐらいの場所。
IMG_0673

前回、お話を伺った小園さんご夫妻に、“知人の素敵なお店がある”とご紹介いただいたのが訪問のきっかけでした。
 

庄司さんも小園さんご夫妻と共に、TAGIRI HOTELのインショップTAGIRI HOTEL Souvenir shopのディレクターを務めていらしゃる方。
 

取材とか関係なしに軽い気持ちでお店に立ち寄ったのですが、
 

S&Y WORK SHOPの扉を開き、お店に一歩足を踏み入れると…、

IMG_0599

置いてあるアイテム、インテリア、流れる音楽…、華美なラグジュアリーさとは違う、上質な空間。

IMG_0731

IMG_0753

TAGIRI HOTELさんしかり、小園さんのお宅しかりなのですが、心地良い空気感に満ち溢れているのです。
 

そして庄司さんの雰囲気。
 

まがりなりにも海好きの私にとって、僭越ながらビビッと感じるものがあり、庄司さんにインタビュー取材させてただくことをお願いしたのでした。
 
 
 

取材当日、改めて、お店にお伺いすると、フジヤマプリンの大槻さんご夫妻が。

IMG_0680

大槻さんご夫妻もS&Y WORK SHOPのアイテムを愛用されているのだそう。

IMG_0591

シンプルで良質なものを永く愛用する。
 

同じマインドの人を惹きつける魅力があるんですね。
 

S&Y WORK SHOPの名前の由来は、
この店は庄司さんを表現する以外の何物でもないからSHOJI’S SHOPみたいな名前をつけたほうがいいと知人に言われ、さすがにそれはと、ご自身のイニシャルにしたのだとか。
 

ダブルミーニングとしては、S&YのSは“Self”のS、Yは“Yourself”のY。
 

自分も好きなようにやるし、お客さんも好きなようにするという意味で、
 

都会の足し算的発想ではなく、できるだけ無駄なものをそぎ落として、どれだけ自分らしくあるかというミニマムのかっこよさを提案するスタイル。
 

MeLikeが、考える、“これらの豊かさ”のテーマ“Me(私)+Like(らしく)”に相通じるものを感じました。
 

インタビュー後日、庄司さんのS&Y WORK SHOPや
 

小園さんご夫妻のSouthern Factryが出店する、青島のサンデーマーケットにもお邪魔しました。
IMG_7979

IMG_8041

IMG_7941

この日は長女の美輪ちゃんもかわいらしいお店を出店。

IMG_7950

青島サンデーマーケットは、月1日曜、青島亜熱帯植物園で行われる野外イベントで、自然にやさしい暮らしをテーマにナチュラルフード、衣料雑貨、マッサージやヨガまで様々なジャンルの出店がされる人気イベントなのですが。

IMG_8007

どのお店もきちんとスタイルがあって、程よくスローで心地良くゆる~い感じなんだけど、とってもスタイリッシュ。

IMG_8095

IMG_8004

IMG_8033

宮崎で“これからの豊かな暮らし”を実践されている方々の豊かなライフスタイルの一端を伺えるようなイベントでした。
 
 
 

2010年に大阪から宮崎に暮らしの拠点を移し、活動されている庄司さん。
 

かっこよさや素敵さの価値観の変化、これからの豊かさについていろいろお話を伺いました。
 

庄司さんのインタビュー記事は後日、MeLikeにアップします。

PROFILE
編集ひとり

旅する休職中サラリーマン

編集ひとり

オーバー40にして、自らのワクワクに導かれるまま、長年お世話になっている会社を休職。Webメディアを立ち上げ、これからの豊かな暮らしを探求するため世界中を巡る旅を慣行中。雑誌『BE-PAL』(小学館)のWeb版『BE-PAL.net』(http://www.bepal.net/)にて記事を不定期掲載中。

ぽっち

旅するアシスタント

ぽっち

MeLikeの日本取材旅の最中に編集ひとりのリュックの中に紛れ込む。世界編からアシスタントとして大活躍する予定。一日の大半は寝ていて、鳥のささ身が大好物。