Quest for quality life through traveling around the world.
旅する休職中サラリーマン。編集ひとりとぽっち
Offstage
2016.5.25

“これからの時代の贅沢”を味わいに宮崎県の南端TAGIRI HOTELへ

編集ひとり

宮崎県串間市市木にオープン(宿泊は2016年6月中旬から)したTAGIRI HOTEL代表、菅間貴也さんにお話を伺ってきました。
IMG_9526

“TAGIRI HOTELのという素晴らしい場所がある”という話は、宮崎のいろんな所でお会いする方からお聞きしていたのですが、
 

幸運にも先日、取材させていただいたCANVAS編集長、宮原友紀さんに菅間さんをご紹介いただき、お会いすることに!(ありがとうございます!)
 

これも何かのありがたいご縁。
 
 

宮崎市の中心部から南へ車を走らせること2時間弱。
 

豊かな自然が一層深く色濃くなってきます。
 

全開の窓から入ってくる風も澄んで、芳しく心地良い。
 

曲がりくねった道を抜け、もうすぐ到着というところで、いきなり眼前一面に海岸線が広がります。
IMG_9683
思わず車を止めて、見とれてしまうほど絶景の石波海岸。
 

“ハワイのマウイみたい”と言う方もいれば、“南仏のバスク”に例える方もいる。
 

恐らく、その人がイメージする最高のビーチを想起させるのでしょうか。
 

一目見て私が思ったのは…、
 
 

“こんなビーチ、今まで見たことない!!”
 
 
 
高まる気持ちを抑えつつ、さらに数分。
 
青々と続く田園の通り沿いに、悠然とした佇まいのTAGIRI HOTELが現われました。
tagiri hotel 外観

IMG_9486

 

扉を開けると、明るくスタイリッシュな店内。
IMG_9492

ダイニングを担当する黒田さんは、“世界一の朝食”として知られるbillsのシェフを務めていた方。
 

地場の食材を活かした極上の食事を味わうことが出来ます。
IMG_9499
 

 

衣料雑貨店S&Y WORKSHOPを展開する安田庄司さんと、スタイリストとして第一線で活躍されてきた小園秀穂さん・寿美さんご夫妻がディレクションを務めるインショップTAGIRI HOTEL homeには選りすぐりの良質なライフスタイルグッズが並びます。

IMG_9614
 

プロフェッショナルのこだわりが、ホテル内の随所に感じられます。
 

スタイリッシュなデザイン、極上のサービス。
 

でもTAGIRI HOTELの魅力はそれだけだはありません。
 

TAGIRI HOTELの取り組みには、この地に脈々と続いてきたものを受け継ぎ、次ぎの世代へつないで行くこうとする“思い”を強く感じます。
 
施設内の天然温泉は、ずっと地元の方々に愛されてきたもの。浴場の佇まいは昔ながらのままです。
IMG_9623
内装も、長年愛されてきた民宿元たぎり荘を菅間さんが仲間とDIYで手塩にかけてリノベーションし作り上げたもの。
IMG_9600
景観の美しい地方にいきなりリゾートホテルを建てちゃうみたいなのとは全く異なるアプローチ。
 

過疎化と高齢化が進む農村の風景に新たな彩りを添えるTAGIRI HOTEL。
IMG_9491
希望に満ちた未来へと続いていく景色を感じます。
 
 
 
 

“いつもの生活の中に、少しだけわたしが足りない。
 

そんなふうに感じるとき。
 

もう一度、
 

忘れていたじぶんを
 

真ん中においた時間をつくってみる。
 

すると、いつもの風景が、ちょっと温かくなったり、輝いたり、
 

小さな手触りが生まれます。
 

 

纏うこと、食すこと、住まうこと。
 

人が生きてゆくために必要な、
 

とてもシンプルな、
 

この3つのことを感じることができる場へ。
 

衣食住を考える。というよりは、
 

それを考えるきっかけが生まれたり、
 

それそのものを感じることができるようにしたい。
 

わたしたちTAGIRI HOTELは、
 

そんな人々の暮らしの中で連綿と続いてきた
 

生きることに根付いた「なにか」を感じる場として、
 

新たに生まれ変わろうとしています 。
 
 

かつて「たぎり温泉」は、 土地の人々が集い、言葉を交わし、思いを交換し、
 

からだもこころも癒す場として、共同体の中に溶け込んでいました。
 

TAGIRI HOTELの「滾り」という言葉は、
 

まさに、そんな人たちの溢れる思いそのものです。
 

人と人が、
 

思いと思いがこの場で交わり、
 

生きることのぜんぶを「たぎらせる」ことができるような、
 

そんな場になってゆけたら、と思うのです。”
 

TAGIRI HOTELホームページより)

 
 
 
 

TAGIRI HOTEL。
 

単なる宿泊施設としてだけではなく、
 

ここから何だか素敵なワクワクが“たぎって”いきそうです。

 
 

気になるTAGIRI HOTEL代表、菅間貴也さんのインタビュー記事は後日、MeLikeにアップします。
 

お楽しみに!
IMG_0359 ※

Hotel date

TAGIRI Hotel

TAGIRI Hotel

住所 宮崎県串間市市木152
電話番号 0987-77-0238
PROFILE
編集ひとり

旅する休職中サラリーマン

編集ひとり

オーバー40にして、自らのワクワクに導かれるまま、長年お世話になっている会社を休職。Webメディアを立ち上げ、これからの豊かな暮らしを探求するため世界中を巡る旅を慣行中。雑誌『BE-PAL』(小学館)のWeb版『BE-PAL.net』(http://www.bepal.net/)にて記事を不定期掲載中。

ぽっち

旅するアシスタント

ぽっち

MeLikeの日本取材旅の最中に編集ひとりのリュックの中に紛れ込む。世界編からアシスタントとして大活躍する予定。一日の大半は寝ていて、鳥のささ身が大好物。